MENU

爪水虫にカビキラーやキッチンハイターは効果があるのでしょうか?

爪水虫を発症した場合は、皮膚科に行くのが通常の手段ですが、中には忙しくて病院に行けないなどの理由で、病院に行かずに治療したいと希望する人がいますね。
そんな人達が、爪水虫を治療しようとして試した手段のうちのひとつが、『カビキラー』や『キッチンハイター』などの塩素系漂白剤で白癬菌を殺菌する方法です。

 

要は、足白癬や爪白癬、かかと水虫の患部に『カビキラー』や『キッチンハイター』を塗布するという治療法です。

 

結果は、患部も含めた皮膚が塩素によって火傷のようにただれてしまい、水虫の治療どころではなくなったそうです。
『カビキラー』や『キッチンハイター』の主成分である次亜塩素酸ナトリウムは、確かに白癬菌を殺菌してくれます。

 

ただ、皮膚そのものも破壊してしまうのです。

 

白癬菌は退治しても、肌がボロボロになってしまうのでは、意味がありませんよね。
単純に、『カビキラー』や『キッチンハイター』は爪水虫を治療できるのか、という問いには『YES』であるのかもしれません。
しかし、爪水虫の原因菌でる白癬菌は皮膚の奥底にまで潜んでいる可能性もあるため、それを根治するには、皮膚を根こそぎ次亜塩素酸ナトリウムで溶かすしかないような気がします。
それは、治療と呼べるものではありませんね。

 

民間療法というものは、インターネットで検索すればそれこそ無数に見つけることができますが、眉唾ものであることがほとんどだと思った方が良いでしょう。
医学の知識を、お金と時間をかけて勉強した専門医ですら、治療できない病気があるのに、たまたま治療できたケースや経験だけで万病を治療できるほど人体は単純ではありません。
やはり餅は餅屋です。

 

病気の治療は不確かな民間療法に頼るのではなく、専門知識を持った専門医に任せるのが最良の手段と言えるでしょう。