MENU

爪水虫はイソジンで治るの?

『イソジン』は、うがい薬をはじめ、雑菌を消毒してくれる身近な薬として有名です。うがい以外にも擦り傷などの消毒に使ったことのある人は少なくないでしょう。

 

この『イソジン』が爪水虫にも効果がある、という話があるのですが、本当に効くのでしょうか。
結論からいうと、『イソジンは爪水虫には効果がない』ということになってしまいます。

 

その理由としては、『イソジン』が爪水虫をはじめ、足の指の間にできる足白癬、かかと水虫などの原因菌である白癬菌を殺菌できないためです。

 

雑菌を殺菌することは『イソジン』にはできても、その殺菌できる菌の中に、カビ菌の一種である白癬菌は含まれていないのです。そして、爪は親油性といって、油分を含むものは馴染む性質がありますが、水分は弾いてしまうという特徴があります。

 

液体の『イソジン』では爪には浸透できませんし、軟膏は爪と皮膚の間にまでは塗ることが出来ません。ですので、そもそも『イソジン』の有効成分が爪水虫の患部まではなかなか届きにくいという点も効果がないという結論になる要因です。

 

同じ外用するのであれば、通販で購入できて、かつ実績のある爪水虫用の薬が販売されていますので、そちらを使った方がより確実に爪水虫を治療することができますよ。