MENU

爪水虫にイボコロリって効くの?

『イボコロリ』という製品は、その名前の通り、皮膚にできたイボやタコ、魚の目を取り除くための第2類医薬品です。
主成分のサリチル酸が、厚みをもって硬くなった皮膚を柔らかくして、皮膚の新陳代謝を高め、イボやタコになった部分の角質を取り除いてくれます。

 

決して、製品の説明文のどこにも『水虫、特に爪水虫に効果があります』とは書かれていません。

 

ではなぜ、『イボコロリ』が爪水虫に効果がある、という話が出てきたのでしょうか。
それは、『イボコロリ』の主成分であるサリチル酸の古い角質を取り除いてくれる作用が皮膚に発症した水虫に効果があるように感じられたためだと思われます。

 

古い角質が除去できたからといって、水虫の原因菌である白癬菌を殺菌できたわけではないので、厳密にいうと根治したとはいえないかもしれません。
しかし、白癬菌が寄生していた部分の角質を完全に除去できたとするならば、その後の患部のケアをしっかりやることで再発は防止できるのかもしれません。

 

ただ、爪水虫については、『イボコロリ』で治療することは、残念ながら不可能のようです。

 

爪を構成する成分と皮膚を構成する成分は異なりますし、爪は親油性のため、薬剤が浸透しづらい特徴があります。

 

『イボコロリ』のパッチ製品にしても液剤にしても、爪に薬剤が浸透しづらいと思われますし、仮に爪と皮膚の間に液剤を注入したとしても、やはり白癬菌を殺菌することはできないからです。
爪水虫を治療したい場合は、皮膚科を受診するか、処方せんの必要ない、通販で購入できる外用薬を使うことをおすすめします。