MENU

爪水虫はエフゲンで治せるのか?

爪水虫はエフゲンで治せるのか気になる所ですね。

 

一度でも水虫の症状がでたことがある人は、大源製薬の『エフゲン』を薬局などで見かけたことがあるでしょう。
大源製薬は水虫専門の製薬会社で、エフゲンは会社の代名詞でもあります。

 

『エフゲン』を使用した人の口コミを見ると、効果があった、という口コミもあれば、効果がなかったという口コミもあります。

 

ただ、効果があったという口コミの人は、大源製薬のホームページで紹介されているようなガーゼと絆創膏を使った簡易湿布の形で十分に薬剤を患部に浸透させている治療を行っている場合が多いように見受けられました。
もちろんそれぞれの症例には、症状の進行具合もことなりますし、一律に比較できるわけではありません。

 

しかし、製造元が『効果がある』として説明しているやり方には、きちんと従って薬を使用すれば、一定の効果は得られるということでしょう。『エフゲン』には、成分中にアルコールが含まれているため、薬品に添付されているハケを使って爪に塗るだけでは、すぐに揮発してしまいます。
しっかりと成分を浸透させたい場合は、初めは少々面倒に感じるかもしれませんが、ガーゼと絆創膏で湿布をする方法をおすすめします。

 

『エフゲン』は大源製薬のホームページから通販で購入することもできます。

 

中身が分からないような包装で発送してくれるため、家族に対する気遣いも不要です。
本当に効果があるのかわからないけど試してみたいという場合は、初回購入に限り、通常よりもリーズナブルな価格で購入できるようです。

 

爪水虫を根治するまでには、半年から1年の時間が必要です。

 

一見、完治したように見えても、白癬菌が爪の奥深くに潜んでいる可能性があるため、薬を塗り続けなければなりません。そのため、使う薬は効果があって続けやすいものでなくてはなりません。
その点、この『エフゲン』は初回購入についてもまとめ買いについても割引がありますので、気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。