MENU

爪水虫と糖尿病の関係

一見、あまり関係のないように見える、糖尿病と爪水虫ですが、実は深い関係があります。
それは、糖尿病や糖尿病予備軍と言われる人の身体は、病気を引き起こす細菌やウイルスに対する免疫力や抵抗力が、健康な人よりも落ちています。そのため、感染症のひとつである爪水虫にもかかりやすくなっているのです。

 

ある統計データでは、糖尿病の患者の方が爪水虫に感染する確率は、健康な人と比較して約3倍にもなるということです。また、糖尿病患者のうち、約3割が爪水虫に感染していて、特に高齢の男性に多いという統計データもあります。

 

爪水虫の治療に効果のある外用薬が少ないため、内服薬で治療をしようとする場合、すでに糖尿病の薬を服用していると、飲み合わせや肝臓、腎臓への負担の増加といった問題が出てきて思うように爪水虫の治療が出来なくなってしまうのです。
糖尿病患者にとって、水虫がなぜ問題になるかというと、爪水虫における薬の飲み合わせ以上に、深刻な問題が発生するからです。

 

白癬菌に対する身体の免疫反応が出る過程で、皮膚の再生を促すたんぱく質が造られ、その影響で皮膚のターンオーバーが通常よりも早くなってしまいます。その際、皮膚の表面が非常にもろくなってしまい、雑菌などが繁殖しやすくなってしまいます。
糖尿病によって免疫力や抵抗力が落ちている場合に、そのような雑菌の影響を受けた身体は炎症を起こしやすくなったり、化膿することもあります。それが潰瘍や壊疽の引き金となってしまうのです。

 

化膿した範囲が広がっていくと、糖尿病性壊疽となり、壊疽を起こした身体の部位を切断しなければいけなくなったり、心筋梗塞よりも致死率が高いと言われる敗血症を引き起こすリスクが非常に高まってしまいます。
ですので、糖尿病の方、その予備軍と言われている方は、患者さんの家族の方も含めて、爪水虫をはじめとする水虫の感染には十分に注意しなければいけません。

 

家族に糖尿病の患者さんがすでにいらっしゃる場合は、予防に努めましょう。