MENU

Dr.G's クリアネイルについて

爪水虫の治療に関して、よく言われるのが、皮膚科で処方される内服薬についての副作用です。
個人差はあれど肝臓に負担がかかる薬があるため、外用薬で治療したい、と考える人が多いのも事実です。しかし、病院に行って医師が処方した薬がある以上、指示通りに飲まないわけには行きませんね。
そんな時に頼りになるのが、処方薬の必要ない市販薬です。
その中で、ネイルサロンで話題になっているのが、この『Dr.Gs クリアネイル』です。

 

爪水虫専用薬で特許を取得している『Dr.Gs クリアネイル』は、有効成分を爪に塗布してもしっかりじっくり浸透させられる技術を採用しています。
また、他の爪水虫外用薬と異なるところが、『ドクターズチョイス チモール』という、より早い効果を求める場合や重症化した爪水虫に効果のある製品があり、かつ、『Dr.Gs クリアネイル』との併用も可能、という点です。

 

『Dr.Gs クリアネイル』が爪表面に塗るタイプなのに対し、『ドクターズチョイス チモール』は爪と皮膚の間に直接注入します。
爪が茶色に変色したり、爪のカドが欠けてしまうほど症状が進んでいるけれど、皮膚科の内服薬にも抵抗がある、という場合は、『Dr.Gs クリアネイル』と『ドクターズチョイス チモール』を併用することをおすすめします。

 

『Dr.Gs クリアネイル』単品での購入も可能ですし、2本セットも、『ドクターズチョイス チモール』とのセットも用意されていますので、自分の好みや症状に合わせて購入することができます。

 

使用者の口コミを見ると、半年で6本使用し、使用を中断しなければあと数か月で完治できるだろう、という感想がありました。使用量には個人差がありますので、あくまで目安ですが、爪水虫を根治するには爪のターンオーバー期間である半年以上が必要になってきます。
まとめ買いしたいところですが、そうは言っても効果には個人差もありますし、最初は単品で購入して効果がいられた場合はまとめ買いするのが賢い方法でしょう。