MENU

イトリゾールの副作用は?通販で買えるの?

『イトリゾール』はカプセルあるいは液として販売されている水虫薬です。
有効成分イトラコナゾールの働きによって、白癬菌をはじめとした真菌に対して広く効果を発揮します。

 

爪水虫で病院に罹ったことのある人は、この『イトリゾール』を処方されたことがあるかもしれません。

 

広く真菌に効果のある薬で、かつ比較的安全性も高いものですが、肝臓に負担がかかるため、稀に肝障害を起こすことがある、とされて言います
他の薬と相互作用を起こしやすいため、既往症で別の薬を服用している場合は飲み合わせに注意が必要です。

 

『イトリゾール』には、他の薬の代謝を妨げる作用があるため、薬が体内に残りやすくなってしまいます。
そうなった場合、副作用が出やすくなるために、特に降圧薬、偏頭痛の薬、子宮収縮剤睡眠薬などを飲んでいる場合は、その旨を医師に必ず伝えましょう。
詳しく説明出来なくても、お薬手帳を持参すると医師と薬剤師が対応してくれます。

 

『イトリゾール』カプセル服用時の注意として、食後すぐに服用すること、とされています。空腹時には吸収率が半分以下になるためです。

 

対して『イトリゾール』液剤の場合は吸収率が高いため、空腹時に飲むこと、とされています。
カプセルと液剤を併用することはないと思いますが、服用法をきちんと守ることが大切です。
また、『イトリゾール』を服用する際にパルス療法といって、一定期間薬を飲んだら、その後一定期間薬を飲まない期間を設けるという治療法が取られます。

 

具体的には、1週間続けて飲んだら、次の3週間は飲まない、というパターンを3回繰り返します。

 

より効果を発揮させるための飲み方ですので、飲む時期と飲まない時期をカレンダーに色分けして記入するなどして、忘れないようにしましょう。
『イトリゾール』は医師の診断に従って処方される薬ですので、通販などで購入することは出来ませんので、皮膚科を受診することが必要になります。